IEC 82079-1で

世界規格のマニュアルを!

IEC 82079-1とは…

IEC 82079-1は「使用説明の作成ー構成,内容及び表示方法一 第1部:一般原則及び詳細要求事項」として、前身のIEC 862079(電気及び関連分野−取扱説明の作成− 構成,内容及び表示方法 )から2012年に改訂された国際規格です。

IEC 862079では「電気及び関連分野の取扱説明」を対象にしていたのに対し、IEC 82079では「すべてのタイプ の使用説明の設計及び作成に関する一般原則並びに詳細要求事項」について規定されています。
また、IEC 82079-1で定義される「使用説明」とは、「製品の供給者が使用者に提供する情報で、製品を安全かつ効率的に使用するために実施する行為を伝えるために必要なすべての規定を含むもの」を意味します。

つまり、IEC 82079-1で規定される内容は、以下のような適用範囲であるということです。

IEC 82079-1適合のメリット

「IEC 82079-1」は、ISO/IECガイド51で定められた規格の階層のうち「タイプA」に属します。
「タイプA」は、基本安全規格であり、あらゆる機械類に対して適用できる基本概念、設計原則および一般的側面を規定する規格です。

まずは、診断を

すでに作成済みの使用説明がある場合は、適合評価のみでも承ります。